バカルの城 支援クルセ立ち回り

■ 1部屋目
キモンキッツ
特別することもないので、普段通りPTメンバーにバフを回していけばいい。
開幕は全員がその場にいれば敵も近寄ってこないので安全にバフをかけられる。

なお3部屋目が終わるまでは、自身に復讐をかけない方がいい。
理由はネーザーの部分で説明。

■ 2部屋目
真竜イトレノッグ
基本的にはここも1部屋と同様、バフを回していけばいい。
開幕直後はQスキルに反応しないので、そこで一気に倒してしまうのが理想だが
倒しきれない場合はQ反応を防ぐための拘束が必要になるので、溜め槍を刺そう。

とはいえ無敵になる場面が非常に多く、槍を刺すのはなかなか難しい。
攻撃をしていない立ち状態を上手く狙って刺そう。

■ 3部屋目
黒竜ネーザー
部屋に入ったら、暗黒の紋章がつく前にネーザーを溜め槍で拘束しておこう。
紋章がついてから数秒の間にネーザーを一気に削ると、精霊の元へワープする
パターンを飛ばすことができる。拘束しておけば火力集中の手助けとなるだろう。

その後は紋章を引き受けて、ネーザーから離れていれば問題ない。
この時、自身に復讐がかかっていると、怨霊の柱や保護の肩代わりでネーザーに
落雷攻撃をしてしまい、全体ダメージに繋がりやすい。よって自身にはかけない。

1回目の紋章でネーザーを倒せる火力があるなら、暗黒の精霊は無視していいが
倒しきれないようなら、誰かに精霊を倒してもらってから紋章を引き受けた方がいい。

■ 4部屋目
金竜ヌウマグ
ここでのダメージは、ギミック失敗時の割合ダメージ(50%)くらいしかない。
よってメロハモを使うメリットがないので、この部屋でかけておく必要はないだろう。

思念が召喚されたら、溜め槍で中央に寄せる。思念が残っている状態で結界内に
留まる場合は、空斬を連打しておけば気休め程度だが狂龍対策になる。

■ 5部屋目
火竜アッシュコア
ブレスの準備に移行しない限り、クルセがやるべきことはない。押し切れそうだと
判断したならHWを使ってもいいが、押し切れずブレスに移られると少し勿体無い。

準備体勢に移ったら、手前2体のドラゴンウィザードを溜め槍で拘束するといい。
壁を取得しているならアッシュコアを右に押す。ただ完全にギミックが発動する前に
押してしまうとバグることがあるので、氷結オーラが見えてから出すようにしよう。

ブレスの準備体勢がキャンセルされたら、味方を待ってからHW。アッシュコアの
攻撃は強力な押し出しなので、味方の攻撃を集中させるためにもバリアで防ぐ。
バリア時間が大幅に伸びるリカバリークロスがあると尚良い。

■ ボス部屋
暴龍王バカル
黙々とバフ管理するだけ。近接職の攻撃が潰されないよう神聖やHWでサポートし
DDRが苦手そうな人には源泉をかける。なお自分にかけることは恥ではない(キリッ

メロハモがかかっていれば咆哮のダメージはさほど痛くないので、メンバーのバフが
切れかかっているようなら、わざと落としてバフをかける時間に充ててもいい。

あまりに書くことがないもんだから、ついボケを挟んじゃったじゃないですかー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かける

Author:かける

メインのクルセほっぽりだして村さも金策しかしてない人。

・クルセ用ツール
バフ計算機 (16/11/04更新)

アラド戦記・攻略ブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク